アプリを活用した視力回復について考えてみる

視力低下の原因

近い距離ばかりを見続けることで毛様体筋が緊張したままになる

同じ距離ばかりを見続けることで外眼筋が動かずに弱ってしまう

スマートフォンやパソコンやゲームなど近い距離を長時間見続けることでピントの調節力が衰えてきます。

視力回復に向けて

本内容は効果を保証するものではありません。また、結果にも個人差があります。ご自身に合う場合にのみ継続してお試しください。

毛様体筋の緊張をほぐし、外眼筋を強くすれば視力の低下を防ぐことができるのでは?

視力回復トレーニングを実行するうえで大事なこと

  • 無理をせず様子を見ながら少しずつ進める(特に外眼筋に関しては鍛えることを目的にしますので無理をすると疲れます。)
  • もし目が疲れたり痛くなったら、回復するまでしばらく休む
  • 自分に合わないと感じたら止める

用意するもの

視力回復トレーニングの内容

  • スマートフォンタブレットのそれぞれにピント調整用のアプリ(StretchEyes)をインストールします。iOS版とAndroid版があり、いずれも無料です。
  • Google Play で手に入れよう
  • アプリを起動したタブレットを3m程度離れた場所にスタンドなどを使って立てかけて画面中央の円を眺めまることで、目をしっかり開けることを意識して眺めていると目がピントを合わせようとします。
    (もし離れると画面の画像が全く見えないようでしたら認識できるまで近づいてください。)
  • アプリを起動したスマートフォンを手に持って画面中央の円を眺めます。目をしっかり開けることを意識して眺めていると目がピントを合わせようとします。
  • 遠くと近くを繰り返すことでそれぞれの距離でピント調整機能を強化します。
  • もし疲れを感じたら顔や頭の力を抜いて目を閉じます。目を閉じたまま、リラックスしたまま、ずーと遠くを見つめるイメージをして視点を動かします。

視力回復トレーニングを開始

  1. 遠くのタブレットの円を眺めて円の動きを10回数えます。
  2. 手元のスマートフォンの円を眺めて円の動きを5回数えます。
  3. 遠くのタブレットの円を眺めて円の動きを10回数えます。
  4. 手元のスマートフォンの円を眺めて円の動きを5回数えます。
  5. 遠くのタブレットの円を眺めて円の動きを10回数えます。
  6. 手元のスマートフォンの円を眺めて円の動きを5回数えます。
  7. 遠くのタブレットの円を眺めて円の動きを5回数えます。
  8. 手元のスマートフォンの円を眺めて円の動きを5回数えます。
  9. 無理のない程度に5回ずつ繰り返して終了します。

期待する効果

近くと遠くの視点の切り替わりのときに、ピントが合うまでの時間の短縮。

ピントが合っていなくても、しっかり見てピントを合わせようとする。

  • ピントが合わないときに目を細めたりせず、しっかり見るように意識しましょう。

nvimでCコーディング

Ctags と vim-clang で定義へ移動

ctagsをインストール
$ sudo apt-get install ctags
deinファイルにvim-tagsを追加

~/.vim/rc/nvim/dein.toml

[[plugins]]]
repo = 'szw/vim-tags'
ctagsのパスを追加
$ which ctags
/usr/bin/ctags
initVimに追記

~/.config/nvim/init.vim

let g:vim_tags_project_tags_command = "/usr/bin/ctags -R {OPTIONS} {DIRECTORY} 2>/dev/null"
let g:vim_tags_gems_tags_command = "/usr/bin/ctags -R {OPTIONS} `bundle show --paths` 2>/dev/null"

vim-clang でコード補完

deinファイルにvim-clangを追加

~/.vim/rc/nvim/dein.toml

[[plugins]]]
repo = 'justmao945/vim-clang'

Chromebook Linux(Crostini)でVSCodeのターミナル起動エラーを回避する

ChromebookLinuxアプリを使用していて、外部にターミナルを表示する処理があった場合にCrostiniではターミナルが表示できないためエラーになってしまいます。
回避するためにKonsoleのインストールとxtermのシンボリックリンクに設定しておきました。

$ sudo apt-get install konsole
$ sudo ln -s /usr/bin/konsole /usr/bin/xterm

VSCodeC++デバッグをしている時に外部ターミナルが開かれるのですが、そのときにエラーになっていたのを回避できました。

Chromebook Linux(Crostini)に最新版NeoVimをインストールする

※ 下記はamd64についての内容です。

NeoVim最新版のダウンロードと配置
$ curl -OL https://github.com/neovim/neovim/releases/download/nightly/nvim-linux64.tar.gz
$ tar zxf nvim-linux64.tar.gz
$ sudo mv ./nvim-linux64/bin/nvim /usr/local/bin/
$ sudo -p /usr/share
$ sudo cp -r ./nvim-linux64/share/* /usr/share/

下記のファイルに追記 ~/. bashrc

...

export VIMRUNTIME=/usr/share/nvim/runtime 

ターミナルを再起動してNeoVimを起動

$ nvim

Ubuntu 18.10 で Microsoft Azure Storage Explorer を使う

Ubuntu 18.10 で Microsoft Azure Storage Explorer をインストールすると問題なく起動するのですが、いざAzureのアカウントを追加すると、「Waiting for authenication...」の表示が出て先に進めません。

Azure Account を追加しようとします。 f:id:AXON_K:20181114221644p:plain しかしアカウントの認証が終わって下記のダイアログが出た状態で先に進みません。 f:id:AXON_K:20181114221702p:plain 海外でもこの問題は話題になっているようですが、解決していないようです。

とりあえずは下記の「Use a connection string」でStorage単位で追加ができますので、それで使用しています。解決を待ちましょう。

「Use a connection string」と「Use a storage account name and key」は正常に追加が完了することを確認しました。

f:id:AXON_K:20181114221713p:plain Azure PotalのStorageのアクセス キーから「Use a connection string」の場合は接続文字列、「Use a storage account name and key」の場合はストレージアカウント名とキーを使用します。

Chromebookで0001docomoの自動ログインを使って快適ライフ

docomoで定額通信などの契約をしているとWi-Fi接続が無料でついてきますが、実際スマートフォンで利用していると勝手に電波の弱いWi-Fiに接続して通信ができなくなるなどストレスが多いです。 せっかくなのでスマホでは接続しないようにしてChromebookに設定することにしました。

契約の確認

最近のスマホは設定しなくてもSIM認証で自動的に接続されているはずですので、契約の有無はわかると思いますが、接続ができていない場合は契約の確認をしておいてください。 www.nttdocomo.co.jp

iPhoneAndroidWi-Fi切断

iPhoneAndroidの接続をWi-Fi設定から0001docomoを探して、自動接続をしない設定にします。iPhoneの場合は右の(!)マークから自動接続のチェックを外します。※初回はSIM認証を切断した直後は下記の重複ログイン扱いになり接続できない可能性があります。その場合は切断後しばらくしてから設定してみてください。

ChromebookWi-Fi設定

ChromebookWi-Fi設定から「0001docomo」を選択して下記の内容を設定します。
Wi-Fi設定の確認は下記を参考にしてください。

nttdocomo.support-menu.jp

EAP方式
PEAP
EAPフェーズ2認証
MSCHAPv2
サーバーのCA証明書
既定
ID
docomoの設定
パスワード
docomoの設定
署名ID
なし

スマホとは違ってChromebookは落ち着いた場所に座って使うので、開いたときに自動的にWi-Fiにつながっているのは快適です。

ChromeOSのLinux(Crostini)で日本語入力(自動起動対応)

ChromeOSのLinuxで日本語入力は、Crostiniの性質上、起動時に設定を読み込ませる方法が見つからなく、手動でFcitxを開始していましたが、ようやく自動起動の方法が見つかりました。

※ 下記の手順はamd64です。現時点でarm64のインストールパッケージは無いようです。

フォント

日本語フォントはインストールしておいてください

例として「源ノ角ゴシック Code JP」を入れます。

$ curl -OL https://github.com/adobe-fonts/source-han-code-jp/archive/2.011R.tar.gz
$ tar zxf 2.011R.tar.gz
$ sudo cp ./source-han-code-jp-2.011R/OTF/* /usr/local/share/fonts
$ sudo fc-cache -fv

MozcのインストールとFcitxの設定

fcitx-mozcをインストール
$ sudo apt-get install fcitx-mozc

ChromeOSのメニューにFcitxアイコンが追加されているのでタップして起動。これをしておかないと次のInput Methodに表示されません。

f:id:AXON_K:20181018083217p:plain

Input Method設定
$ fcitx-configtool

左下の「+」で追加 f:id:AXON_K:20181018082308p:plain 「Only Show Current Language」のチェックを外してJapaneseのMozcを選択 f:id:AXON_K:20181018082318p:plain Input MethodにMozcが追加されているのを確認して設定完了 f:id:AXON_K:20181018082322p:plain

日本語入力ができるようになりました。 f:id:AXON_K:20181018083444p:plain

FcitxをLinux(Crostini)の起動時に開始する

下記のファイルに環境変数の設定を追加します。

/etc/systemd/user/cros-garcon.service.d/cros-garcon-override.conf

Environment="GTK_IM_MODULE=fcitx"
Environment="QT_IM_MODULE=fcitx"
Environment="XMODIFIERS=@im=fcitx"
下記のファイルに自動起動の設定を用意します。

~/.sommelierrc

/usr/bin/fcitx-autostart
一度ログアウトしてログインし直してください。